2014年6月23日、大橋ジムより、2014年9月5日東京、代々木第2体育館にてダブル世界タイトルマッチを開催すると発表しました!

WBC世界フライ級王者、八重樫東が、ミニマム、ライトフライ級王者、同級ランキング1位のローマン・ゴンサレスとの防衛戦と、WBC世界ライトフライト級王者、井上尚弥と、サマートレック・ゴーキャットジムとの初防衛戦が行われる。

ロマゴンとの対戦が噂されてましたが、遂に実現しましたね。八重樫がロマゴンとの対戦を表明してから数ヶ月、ようやく決まりました。軽量級最強との名高いローマン・ゴンサレス、負けなし、33KO、八重樫がどう戦うか見ものですね。まともに打ち合ったら、ゴンサレス有利なのは間違いないのでフットワークを使って、スピードでゴンサレスの打ち終わりを狙って行きたいですね。エストラーダがロマゴンと戦ったようにフットワークを使って速いコンビネーションでパンチをまとめていきけば、勝てる可能性は十分あると思います。これは、楽しみな試合ですね!

(Via: nikkansports)